住まいのコラム

住まいのコラム

2018/11/27

家造りは家事動線を考えよう。ママも喜ぶ家事動線のポイントとは?

住まいの雑学

食事を作りながら洗濯物を取り込み、さらにお風呂の準備をする…と、家事を同時並行でしている方も多いのではないでしょうか。
家事ごとに様々な部屋を行き来する必要がありますので、移動だけでも疲れてしまいますよね。特に戸建ての場合はアパートやマンションと比べて移動する距離も増えがちです。

これら作業で家のなかを何度も行き来して「家事疲れ」を感じている方は、「家事動線」を見直してみませんか?

家事動線とは

家事をする際に、家のなかを動く経路のことを「家事動線」といいます。
普段の生活を考えると、キッチンからサニタリーへ、さらにベランダに行ってキッチンに戻り、今度はバスルームへ…と、家のなかの同じところを何度も行き来していることがわかるでしょう。

「家事動線を見直す」とは、こうした一連の動きを最適化し、家事の負担を軽減することです。

たとえば、「キッチンからサニタリーへ行く場合」に、リビングを通って廊下に出て洗面室の扉を開けて到着といった間取りと、キッチンの隣がサニタリーになっている間取りとでは、どちらが楽かは明白でしょう。

家事は、毎日の生活に欠かせないものです。できる限り無駄な動きを省き効率化することで、家事疲れから解放されるようになります。

家事動線をよくするためには?

家事動線をよくするには、まず普段の行動パターンを把握することが大切です。
家の間取図に動線を描いてみると、よりわかりやすくなるでしょう。

その動線が何度も重なる部分、交差している点や曲線などスムーズな直線になっていないところが、無駄な動きをしている部分。つまり、家事動線を見直すポイントです。

よく使う部屋は直線上に配置したり回遊性をもたせたりして重なる部分や交差する部分を減らす、買い物やゴミ出しといった玄関・勝手口への動きもできるだけ短くするなど、自分の行動パターンにあわせてスムーズに動ける間取りこそが、家事動線のよい家なのです。

動線上で使用できる収納を

収納スペースの位置も、家事動線を短くするうえで重要なポイントになります。

たとえば、鍋や調味料を取る際には上下運動の少ない場所に棚を置く、動線上に掃除機を置く収納棚を配置するなど、「収納スペースへ行くための動き」も省力化できるように家具を配置することも大切です。

家事動線上はいつも目にする場所ですから、散らからないようにする意味でも収納スペースを確保しておくと、とても便利です。

まとめ

家事動線をシンプルにすればするほど、家事は楽になります。
ただし、家族の生活動線もお忘れなく。家事動線を重視するあまりに、他の人が使いづらい間取りになっては意味がありません。

自分のライフスタイルはもちろん、家族の意見も踏まえながら、できる限り効率的に家事を進められる間取りを検討してみましょう。

弊社ではママが家事を行いやすいようにするためのアイデアを取り入れた家造りを行っています。
ママのためのアイデア(https://www.hinokiya-woods.com/idea/mama/)を紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

記事カテゴリ

  • Facebook 鳥取店
  • Facebook 岡山店