住まいのコラム

住まいのコラム

2019/06/11

ママだけの特別空間。「ママズルーム」のある暮らし

住まいの雑学

住まいの中に「自分だけ」のスペースがあると、ワクワクしてきませんか?
ママだって趣味を楽しみたい、家事や仕事を集中してできる場所が欲しいと思っている方は多いのではないでしょうか。

「ママズルーム」は、そんな願いを叶えてくれるママだけの特別な空間です。今回はその特徴や取り入れるメリットをご紹介します。

ママズルームって?

ママが自分のプライベート空間として自由に使える独立した部屋が「ママズルーム」。

例えば、家事の合間に読書や書きものをしたり、子どもたちの宿題を見たり、家計簿をつけたり…。住まいの中で、ママが自由に使える空間です。

キッチンやバルコニーなどに繋がっていれば、家事の合間にさっと仕事に趣味に移れて便利。家事動線を考えた配置にすることで、日常生活がより豊かになることでしょう。

多彩に使えるデスクを設置して


ママズルームにデスクを設置すれば、趣味や家事に使い勝手が良いだけでなくインテリアとしても素敵。さらに収納棚をプラスすることで、本や趣味の道具、家事用品もまとめておけるため効率よく作業が進みそうですね。

家族と過ごす部屋とはひと味違う自分好みのインテリアも、思いきり楽しめます。クロスや内装をこだわるなど、居心地の良い空間づくりができるのも、ママズルームの魅力です。

ママのワークスペースにも


デスクが設置されたママズルームは、ワークスペースとしても活躍。
たとえ小さな空間でも、自分だけの書斎を持てるのは嬉しいものですね。

最近では在宅ワークの幅も広がり、自宅で仕事をする女性も増えています。
十分な収納と使いやすいデスクを備えたママズルームは、集中して仕事ができる、まさに理想の「ホームオフィス」になることでしょう。

まとめ

書斎や子ども部屋と違い、ママが自分だけの個室を持つことは意外に難しいもの。

でもママズルームがあることで、家族と過ごす時間とプライベートな時間を緩やかに分けることができ、気持ちの切り替えにも役立つのではないでしょうか。

家族の気配を感じたい、お子さんに目を配りながら過ごしたい場合は完全に個室にせずに、オープンな間取りのなかに溶け込ませるアイデアもあります。

あなたもぜひ、住まいのなかに自分らしく過ごせるママズルームを取り入れてみてはいかがでしょうか。

記事カテゴリ

  • Facebook 鳥取店
  • Facebook 岡山店