住まいのコラム

  • HOME
  • 住まいのコラム
  • ビルトインガレージ(インナーガレージ)とは?特徴やメリットやデメリットを紹介

住まいのコラム

2019/03/04

ビルトインガレージ(インナーガレージ)とは?特徴やメリットやデメリットを紹介

住まいの雑学

ビルトインガレージ(インナーガレージ)とは?特徴やメリットやデメリットを紹介

ビルトインガレージ(インナーガレージ)とは?特徴やメリットやデメリットを紹介

「男の隠れ家」ともいわれるビルトインガレージ(インナーガレージ)。
そこは、単なる駐車スペースだけでなく、愛車を愛で趣味を堪能する空間でもあります。

そして、ビルトインガレージは旦那様にとって魅力的なだけではなく、奥様にとっても魅力的なことをご存じですか?

そんなビルトインガレージのある家の魅力をご紹介しましょう。

ビルトインガレージ(インナーガレージ)とは?

建物の1階部分に取り込んだガレージのことを、ビルトインガレージまたはインナーガレージといいます。

ガレージのすぐ横に玄関へとつながる動線を設ければ、重たい荷物を運ぶときなどに便利ですし、リビングの窓から愛車が見えるような間取りにすれば、いつも近くに愛車があるという安心感を抱けることでしょう。

車好きの方なら、ガレージ内に愛車のメンテナンス道具を置いて、時間を見つけては手入れをするといった趣味の空間にもなります。

このようにビルトインガレージは、家族と車を近づけるスペースとして人気が高まっているのです。

ビルトインガレージを作るメリット

住まいと一体となった構造のビルトインガレージがあれば、重たい荷物の出し入れもラクチン。雨の日に大変な買い物のときなども、玄関から車内へ向かう途中で濡れることはありません。屋内なので愛車を長持ちさせることにもつながります。

またアウトドアが好きな方なら、道具一式の置き場としても重宝するでしょう。マウンテンバイクなどを壁に飾って、インテリアとして楽しむのも一興です。

狭い土地で住宅を建てる方なら、容積率の緩和措置によるメリットが大きいのも、ビルトインガレージを作るメリット。ガレージの面積が延べ床面積の5分の1未満であれば床面積に加えられないため、その分、建物の床面積を増やせたり、固定資産税を安くできたりすることも可能です。

ビルトインガレージのデメリット

一方で、ビルトインガレージを設ける際にはいくつか注意点があります。

たとえば、排ガス。室内に車の排ガスが入り込んでくることも考えられますので、換気には注意しましょう。

また、間口を大きく取ると耐震性など建物の強度を確保するのに、建築コストが高くなるという一面もあります。とりわけ木造の場合は、間口を広くとれる工法が限られてきますので、実績のあるハウスメーカーや工務店を選ぶことがポイントになります。

桧家住宅が提供するアクティブガレージ

こうしたビルトインガレージのデメリットを払拭するのが、桧家住宅の「アクティブガレージ」です。

在来工法と2×4工法のメリットを組み合わせたハイブリッド工法により、間口の広いガレージでも通常の家と同じ耐震性・耐久性を確保。地震や台風にも強い家を実現します。
また、企画型住宅を活かすことで建築コストの削減も実現。高品質なビルトインガレージのある住まいを、リーズナブルな価格で提供します。

まとめ

車が好きな方はもちろん、生活するうえで車が欠かせない方にとっても、ビルトインガレージは何かと重宝するスペースです。

実績も豊富な桧家住宅のアクティブガレージなら、多彩なプランを用意していますので、希望にピッタリなガレージのある暮らしを実現できるでしょう。ご検討の方は、ぜひお問い合わせください。

>桧家住宅のアクティブガレージを詳しく知りたい方はこちら

記事カテゴリ

  • Facebook 鳥取店
  • Facebook 岡山店