住まいのコラム

  • HOME
  • 住まいのコラム
  • 屋上のある家を作りませんか?屋上のある家でできることやメリットを紹介

住まいのコラム

2019/02/18

屋上のある家を作りませんか?屋上のある家でできることやメリットを紹介

住まいの雑学

屋上のある家を作りませんか?屋上のある家でできることやメリットを紹介

屋上は、家の外にありながらプライベートな空間を保てる場。開放感も得られつつ、「限られた土地を最大限に有効活用する」こともできる屋上を有効活用したいという方はすくなくありません。

では、屋上のある家では、実際にどんな暮らしを実現できるのでしょうか。

屋上のある家でできることやメリットをご紹介します。

屋上がある家だとどんなことができる?

屋上は庭と同じく使い方は自由。テーブルとチェアを設けてカフェテラスにしたり、ガーデニングを楽しんだりと、趣味やライフスタイルにあわせて活用できるスペースです。

アウトドアが趣味ならバーベキューをしたり、テントを設けて一夜を楽しむこともできます。

お子さんやペットの遊び場にも最適。道路に飛び出すといった危険もありませんし、のびのびと育てたい方にとって、屋上は最高の条件です。
プランターを設けて、野菜づくりを楽しむ人も。種をまき、野菜を育て、収穫して料理するといった子どもの食育にも有効です。

屋上のある家のメリット

・土地を有効活用できる

庭が設けられないような狭い土地でも、屋上のある家なら「庭」として活用できます。
日当りや風通しも地上の庭よりも良く、開放的な過ごし方ができそうです。

・プライバシーが守られている

地上の庭だと、近所や道路を行き交う人の目が気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
屋上ならそうした目線がないので、プライベートな空間をいっそう楽しめます。

・子どもたちが安全に遊べる

屋上なら、小さな子どもやペットが道路に飛び出して事故に遭うといった心配もありません。
転落防止柵をしっかり設けることで、子どもやペットが思いっきり遊べる場として活用できます。

・屋上緑化で室内を快適環境に

屋上の一部を緑化にすることで、室温の上昇を抑えられる効果があります。
エアコンの使用が少なくなれば電気代も抑えられますし、環境にもやさしいでしょう。

屋上のある家を建てるときの会社選びのポイント

こうしたメリットがある一方で、屋上のある家にはデメリットもあります。

たとえば防水。傾斜した屋根がある家なら雨水は自然に流れますが、屋上は水がたまりやすい形状のため、防水工事をしっかり行うことがポイントとなります。
また、屋上の活用法によっては家全体の強度を高める必要がありますし、普通の家とは重心が変わってくるためバランスも考慮しなければなりません。

こうしたデメリットは、施工実績があるハウスメーカーや工務店に依頼することで回避できます。
実績が豊富な会社なら、防水対策や加重計算などを考慮した家づくりのノウハウもありますし、アフターメンテナンスも安心でしょう。

まとめ

施工実績も豊富で、屋上を活用したさまざまなご要望にもお応えすることが可能です。
屋外にいるのにリビングで過ごしているような最高の庭を、ご提案いたします。

>屋上のある家を詳しく知りたい方はこちら

記事カテゴリ

  • Facebook 鳥取店
  • Facebook 岡山店